口コミを利用しよう

Posted on 2017.7.14 By

債権回収の分野に強い弁護士を探す便利な方法として、口コミやブログ等の個人的意見を参考にする方法です。経験された方だから分かる貴重な意見や感想を元に、ご自身のおかれた状況や回収内容等を当てはめて、利用して良かったと思えるような、求める弁護士を探されると良いでしょう。弁護士事務所のホームページもあれば、弁護士の情報を集めたサイト等も沢山ありますので、いろいろ検索されることをお勧めします。

債権回収とは、商売をされる上で切っても切り離せない問題です。しかしながら、経営者はその回収だけに時間を費やす訳にはいきません。抱える社員の為にも、自社の売上の為に業務に集中する必要があります。できるだけ精神的負担、時間や労力を使わないようにスムーズな解決を望むのであれば、やはり専門家である弁護士に依頼されることをお勧めします。

また、弁護士を通して相手に債権回収の督促や交渉を行うことで、債務者に大きなプレッシャーを与えることにもなり、必ず回収するという意志表示をすることができます。下手をすると最終裁判も辞さないという意志が伝わりますので、支払いに応じる可能性も出てきます。また、相手側の倒産といった事態にも、迅速な判断や交渉をしてもらえますので、お任せすることが最適な手段と言えるでしょう。

未分類


担当弁護士の探し方

Posted on 2017.7.13 By

債権回収をご自身でされる解決策もありますが、そのほとんどのケースにおいて、簡単に回収することは難しく、時間や労力、精神的ストレスを考慮すると、第三者である弁護士への相談が効率的でお勧めです。

債権回収とは、相手側との交渉能力や駆け引き能力が必要となる行為になります。債権者と債務者、当事者同士で前に話が進まない場合は、間にその道のプロに入ってもらうことによって、話し合いがスムーズに終わる可能性も出てきます。相手の言い分や状況を感情的、実質的な面から検討・判断しながら、依頼者にとって最も有利となる交渉を引き出してもらうことができます。弁護士であれば、結果、訴訟を起こすことになった場合でも対応してもらえますし、最初から任せておけば安心です。

弁護士に相談されたことがない方は、どのように債権回収に強い弁護士を探したらいいのか分からないという方もおられると思います。弁護士への相談内容は多岐に亘りますので、その分野に強い弁護士を選ぶことが大切になります。現在ではインターネットを利用すれば、日本全国にある弁護士事務所をすぐに検索できますので、債権回収において弁護士への相談を検討されている方は、まずはネット検索されると良いでしょう。

関連リンク-弁護士へ債権回収相談【アディーレ法律事務所】

未分類


債権回収の基本的解決

Posted on 2017.7.12 By

債権回収について、たとえ少額だったとしても、きちんと返してもらうという態度を見せなければ、あの会社は支払いが遅れても大丈夫な会社として広まってしまいますので、要注意です。商売においての仕事とは、契約するまでではなく、支払いをきちんとしてもらうまでが仕事であるという認識に改めましょう。また、債権には消滅時効というものがあり、権利を行使できる期間にはリミットがあります。

民法上の通常債権では十年と定められていますが、商売によって発生した債権については五年と短くなっている為、十分に注意が必要です。まだ時間はある、と思っていたら既に時効になっていたという事態にならないように、予めしっかりと確認をしておいてください。

債権回収をする際の、基本的な解決策として、電話やメール、直接会って催促をしても回収が困難な場合は、まず内容証明郵便による督促を行います。実質的には法的な強制力はありませんが、内容証明郵便を送ることで、債務者側に「きちんと支払っていただきます」という回収する本気度を見せることができます。その後、相手との交渉や和解、簡易裁判所にて調停委員を介して話し合いの手続きをします。その後は法的手段となり、支払督促訴訟強制執行等の手段を用いることになります。

未分類


債権回収にお悩みなら

Posted on 2017.7.11 By

債権回収に悩まれる方は非常に多く、会社経営をされている方をはじめとして、貸したお金を返してもらえない、決められた慰謝料の支払いがされない、家賃等の支払いが滞っている等、様々なケースがあります。「債権回収」とは、貸したお金を返してくれない場合、商品の代金を払ってくれない場合に、支払いを請求する権利(債権)を支払い義務のある債務者から取り立てることを債権の回収と言います。

債権回収は、債務者が忘れていた、期日を間違えていたという場合には電話一本で済むケースもあれば、債務者に支払う意志が全く見受けられない、能力がない場合には、訴訟に至るケースもあり、様々な手段があります。ただし、裁判手続きになると、時間も手間もかかる上に、相手側との関係性も悪化する可能性がある為、できるだけ裁判手続き以外の方法で回収を図ることになります。

債権者にとって、最も避けるべき事態とは、債務者から貸したお金が回収できなくなることです。債権とは、債務者のいわゆるツケにあたりますので、万が一、債務者の会社が潰れてしまったり、自己破産等の手続きを行った場合には、そのほとんどが返済されなくなってしまいます。最悪のケースを避ける為にも、債権者側としてもただ待っているだけではなく、いろいろな回収の対策をしなければなりません。最も安心できるのは、第三者である債権回収のプロに任せる方法になりますが、この場合は弁護士への相談をお勧めします。

未分類